パプアニューギニアの村でみかけるそのやせ犬達は、

病気で毛がちぎれ、ハゲハゲのガリガリで、

卑屈なまなざしがやたらと印象的だった。



決して人間に媚びることをせず、与えられることをせず、

人目を避けるように人間と共生しているその犬達には、

先進国諸国で豊かに暮らしている「飼い犬」のような生温かさはなく、

かといって自ら獲物を捕らえる野犬のような鋭さもない。

単にボロボロのボロぞうきんのようなヤセ犬だった。



ところがそいつらが、1年に数回だけ

村で特別な儀式とか祭礼とかがあるときに、

人間達といっしょに野豚狩りにでかける。

人間の仕掛けた罠に獲物の野豚を追い込むのが

ヤセ犬達の仕事だという。

村人達は特別な儀礼のときだけ豚を食べる。

その食べカスがヤセ犬達にとっては唯一のご馳走であるらしい。



僕は走る姿すらも想像できないそのヤセ犬達が、

野豚を追っかけるなんてとても無理だろうと思っていた。

しかし、僕はそこでものすごいものを見てしまった。



そのヤセ犬達が野豚を見つけた瞬間、すごい!

全身にエネルギーが満ち溢れ、変身してしまった。

そしてまるで猛獣のように猛然と、

一斉に、すごい勢いで野豚を追い始めた。

その姿があまりにもすごくて、僕の体は思わず震え始めた。

僕の脊髄に何かが走った。

感動で涙が出るほど「美しい」と思った・・・。



「野豚を追うヤセ犬」より   藤浩志