Fuji, hiroshi Website   TopPage    Past   Next→


1985-12  Fuji, Hiroshi Works File

Title/ Melancholic Pine Tree 松ノ木の憂鬱

Type/ Installation
Site/Yokohama City Gallery Yokohama 横浜市民ギャラリー (今日の作家展出品作品)
Kamikatsura Morishita 1-115 Kyoto 上桂森下1-115、京都 (上桂森下1-115出品作品 )

京都の西、
善峰寺には日本で一番長い(長さ54m)老松の木がある。多くの棒で支えられながら、ひとつの方向にだけ伸びてゆくように仕掛けられたその老木を眺めていて、「成長すること」に対して大きな疑問を抱いた。ちょうど青年海外協力隊への参加が決まり、開発途上国への政府開発援助について興味を抱き始めていた頃のこと。成長し続けることなどありえないのではないか・・・と思ったが、国も企業も人間も、経済も・・・成長することが前提となっている時代の空気になじめない感情を抱いていた。

当時住んでいた京都の借家で友人たちと展覧会を企画し、 庭にあった松ノ木の枝を伸ばし、善峰寺の老松の等身大の松ノ木のぬいぐるみをつくってみた。54mの長さの松ノ木は庭から家の中に進入し、階段を上り、2階の寝室の窓から枝を外に伸ばしていた。その自宅での展覧会は3週間ほど知り合いを招待してプライベートに見せる期間をもうけ、毎日宴会を楽しんだあと、その後一週間だけ一般公開の展覧会とした。その後横浜で開催された「今日の作家展」ではその作品をそのまま横浜市民ギャラリーの中に再現した。